So-net無料ブログ作成
検索選択

2014年春の阿蘇飛行会 [模型]

年に2回の阿蘇での定例飛行会、今回は仕事のスケジュールでフライトは1日だけでしたが、楽しく飛ばさせてもらってきました。

18日の日曜日、仕事の都合で予定より少し遅めの出発となりましたが、山陽道中国道と順調に走行。
1.jpg
飛行機積んでは12月以来の関門海峡。
小倉博多間の大きな渋滞もなく、予定より少し早めにクラブ飛行場に到着。

まずテント設営。
2.jpg
今回はコストコで入手した快適な装備も充実であります。キャンプ場でないので傾斜が少しあります。

昼に到着していたH内さんS木さんと合流し、途中で食事できなかったのでクラブの小屋にて夕食。

3.jpg
今回はH内さんもS木さんもそれぞれワルケラとDJIのクアッド持参に電飾

12月の流星観測会では雲が多かったのですが、久しぶりに星もたくさん見え、あまり冷え込まずにゆっくり休養。
夜中に鹿の鳴き声も響きます。

朝は毎度の事ですが、鳥たちのフライト前仕業点検とミーティングの声で目が覚めます。
という事は晴れ。

4.jpg
持参したコンビーフを有り難く頂くのであります。
コーヒーわかしたりして一休みしていると、テントに雨音が・・・

幸い大降りにはならず、雨がやんだらテント撤収し、クラブ小屋でH内さんに美味しい朝食を頂きました。
5.jpg

その後また雨だったりしましたが、9時過ぎには天候回復
6.jpg

いよいよフライトです。今日だけなのでみっちり飛ばします。
ちなみに今回は雨で急いで撤収もありましたので、久しぶりに電動機オンリー。
このところ4サイクルガソリンエンジンに熱中してましたが、移動中の車がにおいません。電動万歳。

7.jpg

8.jpg

9.jpg
S木さんのセスナスカイマスター (シーガルモデル製) 以前にマトリクスのスカイマスターも飛ばされていましたが、この機体も良くできています。
灯火がリアルであります。

10.jpg
S木さんのハイペリオン サムソン70 のプロトタイプ。市販機と脚スパッツ・キャノピー・尾翼が違います。GP版。

11.jpg

12.jpg
同じくS木さんの ハイペリオンフォッケにOSロータリー 今回も快調。PIになる前のロータリーです。

地元の知人が同じ事考えていたので参考写真
13.jpg
14.jpg
マフラーはカウリングから半分出ます。カウルフラップは開け、防火壁に空気抜きあけて胴体後部からも排熱。
マフラーは最後にカウル前と防火壁後ろから長いドライバーで固定だそうです。
排気煙は多いですが、音はロータリーです。

15.jpg
H内さんの30CC2サイクルガソリンのTL2000 エンジンも良く馴染み一般的な模型飛行機用2サイクルの雰囲気ではなく、オートバイやカートの様な安定。
H内さん、超ベテラン航空整備士さんであります。

20.jpg
知ってる方は信じられないかもしれませんが U木さんのパイロットのシェルフライ20
毎回きれいに飛ばされています。現存して飛べる機体はごく少数かも。

お昼は毎回炭焼き大会ですが、U木さんが栽培された空豆を鞘ごと焼いた物。
16.jpg
空豆の茹でたものは家でもたくさん頂きますが、この食べ方は絶品。豆の香りが抜けないままほっこり。
H内さんがフランス出張の折に購入された岩塩でキノコもお肉も美味しく頂きました。

初日午前中しかサーマルねらえないと思って、JRのエアフローせっせと投げましたが、お昼過ぎに一発大きいの拾ってハンドランチは大満足。

うちの機体たち
17.jpg
元々斉藤のFG17を搭載予定だったサムソン70。結局電動にしましたが、実際には大きなペラを大トルクで回せる電動仕様の方がやはり合ってます。汚れない 静か 臭わない。

18.jpg
19.jpg
飛行機で初めてS-BUSサーボ使いましたが、エレベーターに自分で余分な設定して癖が出たのがわかってやり直してからは今回快調にフライト。

アクロというより雰囲気優先の機体と思ってましたが、動きは素直。スナップやスピンで一部のピッツの様に余分なお釣りはくいません。
中速以下で進入し、そこから真上向けて同じ速度でがんがん上がれるのは電動機のメリット。

もう一機ほしいくらいですが、もう絶版の機体です。

今回は主翼忘れずに持って行ったハイペリオンのエッジ25Eも快調にフライト。
セブアートの機体ほど飛ばしやすくはないですが、悪い機体ではありません。これも絶版。

絶版で格安入手したのではあります。

22.jpg
地元でバリオメーターの調整すませてきたので、今回はその恩恵をさんざん受けました。
2m超えの機体ですが、100Mくらいの高度で多少上がろうが沈もうが鈍感な操縦者にはわからないのですが、テレメトリーでばんばんわかります。
上級者はこの小さなサーマルが感じられるのでしょうが、おっさんは道具に頼ります。
時間の都合で1フライトでしたが、贅沢に堪能致しました。

着陸でちょっとショートして、回収に行ったら雨上がりでひなたぼっこに出てきていたマムシに遭遇。
機体の近くで なにすんじゃ! と口あけてましたが、ごめんごめんと謝ると余所行きました。
クラブの先輩に聞くと、少し黄色みのある通称赤マムシだったようです。捕まえてくれば良かったのにと言われましたが、びびりのおっさんは逃げてきたのであります。

画像ありませんが、笠岡で初期調整すませてきたロビンさんで扱われているハイプの小さな発泡Sバッハは、3m以上の風の吹く中、3軸ジャイロの威力ばりばりでありました。
機体そのものもすごく素性の良い機体です。
うちのはハイペリオンの1100mah2セルを一番前に押し込んで重心ちょうどでした。

26.jpg
飛行場にはヒバリもたくさんいます。

21.jpg
風が強く、翻弄されましたがナインイーグルEC145も記念撮影。

25.jpg
F本さんのベルトロミニが毎回速度上がってきたので、うちのホビキンレアベアも2号機投入。
モーター・プロペラ・ESCは1号機からの転用ですが、速度はかなり向上。
EPP生地の空気抵抗はけっこうあります。
フラッター防止で舵面補強も行い、全速でも問題なくなりましたが、けっこう速くなっております。
日程で、F本さんとは入れ違いだったので秋にまた一緒に飛ばせればと思います。
サーボも1号機のおまけサーボではなく、そこそこびしっと動く奴を載せてますが、1号機の動翼がちょっと柔な方が操縦は楽だったかも。
4セル以上載せる人の気が知れませんが、やってみたくなるのはわかります。
純粋な400パイロンじゃ目が追いつかないことがあるからと、この機体で遊んでるので、そこそこで良いのです。

という事で、内牧温泉での宴会もキャンセルで、1日のフライトにて撤収。
そのまま広島まで走るには疲れていたので、飛行場を出発し、杖立温泉の立ち寄り湯にて休憩しつつ、日田市のビジネスホテルに宿泊。
いつもは日田焼きそばのお店に行ったりしますが、今回はFACEBOOKで大学の友人が紹介していた日田市の洋食屋さんに出撃。

23.jpg
賑やかな場所ではありませんが、お店の看板発見
「レストラン ダイヤル」であります。

大盛りメニューがいろいろありましたが、ダイヤルランチをお願い致しました。
24.jpg
これにライスとサラダとコーヒーが付きます。
めざとい高級料理ではありませんが、カツもハンバーグもほっとする美味しさでありました。

あっという間の今回の飛行会でしたが、タヌキも見たしマムシも見たし、飛行機も全機無事帰還で今回の飛行会参加も無事終了致しました。

サムソン70、6セル5000のバッテリーで17インチのペラ回して7分半ほど飛んで残量30%以上の設定。
飛行時間も問題ありません。エンジンも電動もそれぞれ善し悪しありますが、皆楽しいのです。
コメント(4) 

コメント 4

S木

シロクマさん お疲れ様でした。
一日だけのフライトでしたが、楽しかったですね。
今回はインチ焼きを味わえずに残念だったと思いますが、
みんなの胃袋年齢が高くなったせいか、肉の売れ行きに陰りが見えるんですよ。
宿に帰ってからの夕食もお肉だと、譲り合いの精神です。
野菜は奪い合いなんですけどね!
次回の合宿まで体調を整えておきましょう。

S木
by S木 (2014-05-22 19:51) 

F本

しろくまさん、こんにちは!
今回は1日だけで残念でしたね。
私も参加2日のうち1日は雨でしたので結局1日だけでした。
肉だけはまるまる2日間食べ続けましたが・・・
「F本さんのベルトロミニが毎回速度上がってきた」なんて言われると嬉しくて調子に乗ってしまいそうです。有り難うございます。
しかしあれ以上は目がついて行きません。私もそこそこで楽しみます。
それと「レストラン ダイヤル」、機会があれば行きたいと思います。
by F本 (2014-05-23 09:27) 

しろくま

今回は残念ながら1日だけでしたが、あれこれ無難に飛ばせました。1インチのお肉は残念でしたが私も普段は魚主体の生活であります。
そら豆も美味しかったですね。
電動機だけでも良いんじゃ無いかと思った今回の合宿でした。
発電機は積んでますが混合焚いてないので、車は明らかにクリーンでした。
by しろくま (2014-05-23 13:03) 

しろくま

F本さん
今回はお会い出来ず残念でした。火曜日は当初から雨の予報でしたので、未練無くの帰還でした。
レアベア2号機は、けっこう速くなっております。全開だとちょっとビビりますが、機体はフラッターの気配もありません。次回一緒に飛ばしましょう。
ダイヤルは大学の友人が教えてくれましたが古風な洋食屋さんです。ぜひ寄ってみて下さいね。
by しろくま (2014-05-23 18:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。