So-net無料ブログ作成
検索選択

久しぶりに自転車いじり [自転車]

随分前に入手した宮田のリッジランナーのごく初期のモデルが手元にあります。

この時期のはそれなりに品質も良く、ほったらかしでも再整備でいつでも走ってくれます。

一時期何を血迷ったか 26*1.25の極細ロードタイヤを履かせてましたが、路面からの衝撃が大きすぎ暴れて速度が乗らず、そのまま倉庫で眠っておりました。

元々太いノビータイヤ履いてた事もあり、シュワルベの26*2.15のバルーンに履き替えたところ、意外に転がりも軽く、乗り心地は圧倒的に向上。
サドルも骨盤の大きさに合わせ、大きなゲル入りに換えました。

DSC_06.jpg

快適です。
また散歩や買い物に使えるようになりました。


コメント(2) 

久しぶりに自転車 [自転車]

午後からちょっとだけ自転車乗ってきました。随分久しぶりなのであります。
乗らない間に、あちこち進化はしてますが乗り手の退化の方が大きいです。
タイヤを今までプリモコメットの20*1.35履いてたのですが、パナレーサーで20*1.25の限りなくスリック?な奴を見つけ交換しました。パナレーサーのタイヤ、ビードの精度が高いのかリムに一発ではまりました。

実際これくらいのサイズになると乗り心地(路面からのショック)は大差無かったです。けっこう高圧なので走りは軽い軽い、すいすいであります(⌒∞⌒)
ハンドルステムをちょっと短いのに変えていたのですけど、元のポジションを忘れたので上体が起きたかどうかちと怪しい・・ 問題は無いみたいです。シート位置を10ミリほど前に変えたらちょっと具合良くなりました。一度本職さんに合わせてもらったらいいのですが、自分でぽちぽちです。

模型やさんまでちょこっと買い物の往復25キロ。川沿いの道はけっこう冷えてるのですが気持ち良いです。帰路にロードの人と手振ってすれ違い。こういうの元気出ます。
フルサイズのロードはいいなぁ(⌒∞⌒)

疲労感が心地よいです。

スーパーボイジャーEの向かい風全速水平飛行のピッチング、どうもサーボが怪しいみたいで、JRの普及版のデジタルと入れ替えました。

 


コメント(2) 

久しぶりに [自転車]

寒い間なかなか自転車に乗ることが無かったのですが、無性に乗りたくなって仕事の合間にちょっとだけ回ってきました。

あ・・ハンドルが変な角度に(ノ ̄∞ ̄)ノ

冬眠?してる間に前後ハブとクランクとペダルが少し変化しました。ハブはハンズでT川さんに組み直してもらいました。スポークにもう少し良い物を使った方が良い様ですが回り具合は非常によろしいです。クランクもそんなに違わないと思ったのですが大きなベアリングで一体の貫通シャフトを支えるため、ど素人の私が乗っても回しやすく感じるほど違いは大きかったです。

いやぁ・・ 違う物であります。

と・・ 体力と根気不足を補う改装に関してはいろいろやっております。残念ながらGIROさんからのフレーム販売は休止となってしまいましたが、どんどん可愛くなってます。


nice!(0)  コメント(2) 

ブレーキ変更 [自転車]

BSユーラシア(グランツーリングでありますが)ブレーキシューだけ手持ちのダイヤコンペのいかにもゴムの様な物から現行のカンチレバー用シューに換えて使ってましたが、年末にチェックするとリムに面が合っていない様でした。

ダイヤコンペのブレーキには未練がありましたが、手持ちのシマノのカンチレバーがそのまま付きそうなので変更しました。

ちょっと物々しいですが、シューの高さが調整できるため取り付けはまともにできました。

この自転車が新品だった頃は、ロード用のサイドプルもセンタープルも今のようながっちりした効きの物はほとんど無く、カンチレバーが一番良く効いたのですが、今のVブレーキや高性能なシューを使ったロード用ブレーキと比べるとやはり制動力は落ちます。速度制御という意味では使いやすいのかもしれませんが、がっちり効くエンジン付きのブレーキに慣れてしまうと少し不安でありました。

そろそろリヤハブの130ミリ化であります。


nice!(0)  コメント(1) 

川原で一休み [自転車]

朝から暖かい日差しで午前中時間が空いていたので久しぶりにユーラシアでちょっとだけ走ってきました。

今日はフロントバックに湯沸かしセット一式。行きはけっこうな向かい風でしたが焦らずのんびりペースで走っていきます。太めのタイヤは路面をあまり選ばず、フラットであれば土の上もけっこう軽快に走ります。なじみ深いクロモリフレームは路面からの衝撃も軽くこなし、荒れた路面も軽快に前に出てくれます。

焦らないで走るとハンドルとられそうな風も坂道も何となく進んでまいります。

 

KSRで時々来る川原(先日20インチで来たのもここ)川をみながら一息つくのに大好きな場所です。

冬場はカセットのガスは温度が上がらず、4輪の時はガソリンコンロを使うことが多いのですがガスの方が簡単で火力は強いであります。

帰り道に行きですれ違ったロードの人と再びすれ違って挨拶。

ちょっと散歩には良いコースです。

ブレーキが甘かったので帰って点検するとシューが真っ直ぐ当たっておらず後ほど修正。2*5速なので(後期のユーラシアは前3枚になりました)インナー34Tの割に坂でもちょっと厳しいです。エンド幅の問題がクリアできればハブを現行の物に交換してやるとスプロケットの選択が広がるのではと思います。

できるのかな?

 


nice!(0)  コメント(6) 

変速プーリー [自転車]

地元のプロショップさんのブログで見かけたリヤディレーラーのカウンタープーリーのベアリング化、前からハンズに置いてあったのが気になって買って来ました。

これが元々SORAのリヤディレーラーに使ってあるプーリー、中に粗悪な玉がくるくると思ってたら玉は無し。金属のブッシュが樹脂プーリーの中で回っておりました。

これは回転重くなるであります(ノ ̄∞ ̄)ノ小径車は特にここが良く回りますので影響はけっこうありそうです。

天地逆ですが、BBBのボールベアリング入り(粗悪なアジア製ベアリングではなく一応日本製ゴムシール付きベアリング)カウンタープーリーに交換。作業は簡単です。

丁数が元が11T交換したのが10T(ええんかな・・・)11Tも探してみよ。

スタンドにかけてクランク手で回すとけっこう軽く回ってくれます。今までちょっと重めでこんなものかと思ってましたがチェーンのテンションかかるとけっこう軸に負荷かかるところなので抵抗はけっこう大きかったのかもしれません。

パーツはそんなに高価ではないので、油ぎれや錆や摩滅を考えるとSORAのディレーラーで交換してやるのはけっこう良さそうです。


nice!(0)  コメント(0) 

折りたたみ自転車 [自転車]

じつはこういう自転車が家にあったりします。

台湾製折りたたみ自転車。スバルのシールが貼ってあるとけっこうな定価がついております。今のレガシィを買った時に値引き対象で付加するような物が無かったので「これにして」とおまけで付けてもらった自転車。

買った頃(9年以上前)にちょっとだけ乗ってみましたが、ぐらぐらで乗りにくかったので倉庫の隅っこで寝ておりました。

久しぶりに出してチェックするとリムは樹脂なので問題無し。タイヤも劣化は無い(ほんまか?)様でした。ギヤは変速無しですが、チェーン引きがスプロケ側しか付いてません。どうもタイヤの回りが悪いので良く見るとリヤフェンダーに付いてる反射鏡の止めネジが長すぎてタイヤと干渉(おまけでもらったので我慢我慢)してるようです。反射鏡外して、重いだけのリヤキャリア外してフェンダーは可愛らしいので位置合わせて温存。

サドルとハンドル合わせて近場を一週してみるとそれなりに走れます。かっちりはしてませんがこんなものと言えばこんなもの。右ペダルが手で外せるようになってますが、折りたたみで特に邪魔になるわけでもないので軽量な固定の物に換えた方が面白そうです。

無理すると帰ってこれなくなりそうですが、近所の足で使えそうではあります。フレーム低いのでお参り用に和服でも乗れるかも。

という事で先日リアディレーラーのベアリング入りのローラーをハンズで売ってるのを思い出して、プロショップのブログで紹介されていたのを思い出し出かけてきました。

ハンズの広島店の自転車コーナーは見た目量販店と変わりませんが、主任さんは自転車整備の職人さんのT川さん。プロショップもいろいろありますが行ってみるには敷居が高く(模型店でまともに指導できてノウハウもってるお店は入門者の人にはこんな感じでありましょう)素人オヤジにはなかなか足が向かないのでありました。

門徒さんで実はベテランのツアラーな人タイヤの話をしてたとき、BSがまだアメサイドのナイロンのツアラー用タイヤをもってるとの話。T川さんに聞いてみるとカタログには出てないけど在庫はあるかもしれない、との事。今のところ手持ちのタイヤがすり減るまではまだまだ先なのであることがわかっただけ安心。ついでにMTB用のスリックを履くにはリムの組み替えでなんとか対応できて外径の違いはカンチレバーなら調整範囲だとも教えてもらいました。

ちょっと外径小さくなりますがタイヤの選択範囲が広がって入手が楽と思えば組み替えも良い選択かもしれません。ツアラー用の太めのタイヤはMTB用で探した方が早いかもしれません。

ついでに・・ ハブの精度の話も聞いてみると「入門者さんでも絶対違いがわかりますよ」との事。脚力云々の問題では無い様です。小径や折りたたみでも明らかに違うと仰ってましたので、今後の課題としては面白そうです。

で・・ 太めタイヤ用のホイルが欲しかった事もあり、20インチロードへ精度の高いハブで組んだホイールを頼んでみました。今使ってるSORAのハブは20*1.5のゆったり走行用で使ってみるであります。

人に聞いた方が早い事は多いです。


nice!(0)  コメント(2) 

ちょっとだけ自転車 [自転車]

午前中少し時間が空いたので天気も良いので走ってきました。

ニットキャップをヘルメットの下に被ると耳が温かいというお話を聞いたのでありますが、超でか頭の私がやると・・・ ヘルメットが完全に浮いてしまい断念。

耳が冷たいくらい がまんであります。(薄手の生地のインナー入手したほうが良さそうです)

自宅から川沿いの通学路や自転車道をさかのぼります。平日の午前中ですが年配や学生風のロードの方数名とすれ違いながら会釈。回転けっこう高めで快走されてる方がいらっしゃいましたが、自分にはまだ無理。60から70くらいが無難な様です。

路面が荒れてると20インチの高圧タイヤはけっこう速度落としてしまいますが、平滑な路面だと気持ち良いです。外径の違いは仕方ないです。

雑誌記事鵜呑みにして、アクエリアスの黄緑の炭酸飲んでクエン酸補給補給。冷たいであります。

今日も足下はユニクロのボディテックのタイツですが(当然ジャージを上に履いてます)気のせいか足の疲れが少ない(ちんたら走ってるのもありますが)様に感じます。膝も楽ですしなんか良い具合であります。

太田川沿い旧JR可部線沿線の今井田の吊り橋。一昨年の洪水で横のワイヤーが切れ、通行止めのままおそらく廃棄になりそうです。この下流に新しい橋が建設中。洪水で岩が転がってくるダメージ考えると吊り橋にメリットもありそうですが、大きな車が通れないので仕方ないかもしれません。

ぬかるんだ下りでちょっと慌てましたが、スリックでは無いのでこういう場所も入れます。もう少し太めのタイヤで路面からの当たりを和らげてゆったり走るのも楽しいかもしれません。

ここで引き返して午前中44キロほどの散歩。

で・・・午後から広島市仏教会の毎年恒例歳末助け合い募金に今年は参加です。この数年お参りスケジュールと合わず欠席してましたが、久しぶりに参加。

手前の頭は中学からの知人の真宗大谷派のIです。今年は幸いな事に暖かく、背中と両膝に貼ったホットカイロのおかげで多少は冷えが防げました。

他の宗派の方とお話しすることはあまり無いのですが、街頭で托鉢してる僧侶風の人が大半がコスプレであることなど教えてもらっております。

夜は仕事が終わって娘を連れて市内中心部のイルミネーションを車で見て「つるつる つるつる」を連発する娘の希望に応えてラーメン屋さん寄って帰りました。

「おいしー おいしー」連発(⌒∞⌒)夜に車で出るとつるつるが食べられると思ってしまってるようです。


nice!(0)  コメント(7) 

久しぶりに自転車 [自転車]

ずっとたたみ掛けるように忙しかったのですが、やっと一息の休みが取れました。

という事で、午前中ちょこっとだけ自転車。

寒くなってから買い物のMTBくらいしか乗って無かったのですが、ユニクロの通販で入手したボディテックの長袖Tシャツとタイツを着て、タイツはそのままではさすがに恥ずかしいので上からジャージ履いて久しぶりに出発。

タイヤもけっこう負担かかるようで痛みも出てますが、通販で探した三ツ星のポシュライダーにはまだ交換せず、プリモコメットを使います。高圧で使うと路面の悪いところではけっこう振動来ますので20*1.5で良いんじゃないかなと最近思いますが、これは今後の研究課題。

タイツとジャージですが足下がけっこう寒いです。ウォーミングアップ済んだ頃には気にならなくなりましたが、耳たぶがけっこう冷たい。グローブは自転車用の冬用を手に入れましたが、オートバイ用の物と大差無かったようです。

様子見で空港突端までの散歩ルート。ちんたらちんたら走って飛行機の離着陸見ながら休憩。帰りはいつもとちょっと違うルートで帰りましたが路肩が狭く、走りやすい道とは言えませんでした。

お昼前に帰還。距離はほんのちょっと。でも久しぶりに気持ちよかったであります。肩が変な懲り方してたんですが、血流回復で治ったです。

足先と耳が冷たいのをなんとかするとけっこう大丈夫そうであります。


nice!(0)  コメント(3) 

潜水艦あきしお設置 [自転車]

先日見てきた退役潜水艦あきしおが埠頭から史料館の定位置に無事移動できたということで、自転車で見に行って・・きました。

自宅から2号線旧道へ出て大正交差点から31号線を走ります。風が気持ちよくそこそこ快走。反対車線をロードの団体が走ってましたが、速過ぎ。

呉線は流れも悪く路面もあまり良いとは言えない場所も多いため、ところどころ歩道に避難しながら走ります。何カ所かトンネルがありますが、車道から外れて歩道を行く方が安全かもしれません。

というわけで海岸通りのお寺の角を曲がらず直進し、そのまま呉港方面へ

無事設置されてました。30分ほどで移動できたと新聞報道にありましたが、台車のまま移動して、どうやって台車を抜いたのか・・謎であります。

この画像だとほとんどわかりませんが、下から見ると飛行船みたいに見えます。魚雷発射管の前に何かでふさいだらしい箇所があります。良く聞こえる耳がついていたのかもしれません。発射管のハッチがぴったり合ってますです。

大和ミュージアムの外に展示してある「しんかい」と並んでしまうとはよもや思わなかっただろうな・・と思います。この「しんかい」現物見ると船体は風船の様にふっくらしてます。推進用ペラも姿勢制御用ペラも小さいです。これも非常に貴重な展示です。

今月発売のラジコン技術に模型製作の記事が掲載されていた、双胴の間にエアクッションを作り少し浮かせて走る船の実験船も展示してあります。浮上用ダクトの吸気口はすごく小さいですが、空気の圧力で浮くのでこれで十分なので十分なのでしょう。姿勢制御用のフィンが冗談みたいに小さく、さらに動翼はもっと小さいです。ジェットのノズルのガードの上に見える灰色っぽい箱が動作用のサーボの様です。リンケージ丸出し。いかにも実験船。これを模型化して走行に成功されたのはなかなか凄い事です。

というわけで、潜水艦は無事設置されました。史料館は来年4月開館予定です。ここから今回は音戸大橋から倉橋島を経由して能美島へ向かうのです。

音戸大橋手前。ここが平清盛が建設したという伝説の音戸ノ瀬戸です。船舶の交通量が非常に多く、松山や今治へ向かうフェリーや高速船や大型貨物船もここを通ります。大きな船が通るとこの防波堤は波かぶります。

今回はその音戸を渡し船で渡ります。自転車かかえて桟橋から乗り込み、流れに逆らわず絶妙な操舵で目の前の対岸まで。大人と自転車でわずか90円

小さな頃からこの渡し船は知ってましたが乗ったのは初めて。

こんな小さな船です。古い木造船ですが、一部FRP補強してありました。

倉橋島のコンビニでお昼の食料確保と補給。海沿いの道は爽快。

あの白いの全部が 塩 であります。工業用です。

倉橋島と能美島をつなぐ早瀬大橋。小学校の頃に開通して、当時は橋のたもとに小さな遊園地がありました。渡るのはそれ以来。海岸沿いの道からこの橋の高さまで坂道がけっこう厳しいです。

でも

橋の上からは絶景であります。橋を渡ると能美島。がんねムーンビーチなど良質な海水浴場が小さな頃はいろいろありました。

呉港横の海上自衛隊からずっと続く道が実は国道487号線です。何カ所か県道と一緒になってますが、400番台の国道。標識見ると平成になってから国道昇格の様です。

というわけで今回のおにぎり1個ゲットであります。広島県内は標識下の地名表示板にもみじのイラストがついてます。

なかなか良い場所です。広島湾や呉湾と違い、ここから倉橋や四国に面したところは水質も非常に良いです。後は牡蛎いかだ。太田川から注ぎ込む中国山地のミネラル分や栄養素も重要なのだそうです。

能美島の海沿いを北上し、広島市に一番近い三高港からフェリーで帰還の予定です。時間があればこのまま島の西側へ回り宮島を目の前にしたかったのですが、フェリーの時間の都合で素直に港で休憩。

3時17分発宇品港行きフェリー。高校の友人は毎日これで通ってた奴も居ます。普段私が良く見る芸予汽船が使ってるフェリーとは少しデザインが違います。

定刻に出港。スタンドが無いので立てかけるしかないのですが、誘導員さんは慣れた様子ではいはいと誘導してくれ、後でちゃんと車輪止め2個を付けてくれてロープで押さえてくれてました。今治と芸予諸島の間の来島海峡の様な波の荒いところを通るフェリーはけっこう厳重に固定され、2輪もロープで固定されますが(それくらい揺れます)、ここも丁寧な固定でした。

このフェリー、船内の案内板にありましたが、運行を迅速するためにスロットル開けまくりで走ります。引き波で牡蛎養殖に悪影響を出さないため、そういうポイントでは絞ってましたが、あとは遠慮無し!排水型の船としては目一杯の引き波をけたてて走ります。ローカルなフェリーは燃料代節約のため運航に差し支え無い範囲でパワー押さえますが、ここは速度命!

高校2年の時友人の家の漁船借りて、友人達と3名でキャンプに行った無人島の弁天島が見えます。懐かしいであります。水と野菜と果物と米持って、魚と貝は現地調達。足ひれに水中眼鏡に雨合羽着て貝探して潜ったのがついこの前みたいです。

ちなみに私はその後僧侶になりましたので、魚を釣ったのはあの時が人生最後であります。

というわけで、約30分の航海で宇品港着。車でも30分自転車でも30分の市街地を抜けて帰着。

走行70キロでしたが、船も乗る橋も渡るでなかなか楽しいツーリングでありました。

彼岸花咲いてますが、島はまだツクツクボウシが鳴いてました。腕けっこう日焼け。

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(2)