So-net無料ブログ作成
モーターサイクル ブログトップ
前の10件 | -

KLX125 ステップ少し加工 [モーターサイクル]

KLX125のステップ位置が前気味という事で、改造例をネットで見ていて手持ちのKLXも加工してみました。

少し前にハンドル高さを変え良い感じになっていましたが、その分スタンディングでのステップ位置に違和感が余計感じられました。

もともとDRCのアルミ製のステップホルダーを使っていましたので、左側はサイドスタンドの干渉部分をサンダーで落とします。
0650766E-F297-43FC-9734-207D3B3FDDEE.jpeg

シフトレバーはKSR110用を流用しましたが、気持ち前気味ではあります。
うちのはリコールでサイドスタンドのプレートに補強板が追加されていますが、今回除去いたしました。

右側はプレートがそのまま付きますが、ブレーキペダルは社外品もなく、純正を加工します。
ステップ位置が下がることでペダルも下げねばなりません。
アームの途中を切断し短くねじ止めというものも作成しましたが、まだ長すぎるため、新品パーツを加工しました。
248A4BA4-C190-488D-A075-CC1F6E4B5C2D.jpeg

ブレーキ側はいい感じです。ペダルのストロークは小さくなりますが、アームが短くなったので力が入れやすく操作感は悪くありません。

地道に進歩する125です。

トリシティ125 シートヒーター追加 [モーターサイクル]

スズキのアドレス125を仕事で使っている友人からシートヒーターの効果を教えてもらいました。
小型車での採用はあまり聞いたことが無く、スズキの物を部品で取り寄せて加工しようかと思っていたところ、二輪用の汎用シートヒーターをネットショップで見つけ入手。
時間が空いたので取り付け作業を行いました。

0570AC44-2114-4DB0-897F-5D15827C8CC5.jpeg

シートは以前座面の傾斜修正で手を入れていますので、表皮の剥離は問題ありません。
ヒーターはウレタンと表皮の間に入れます。

自動車用シートヒーターのパーツの流用が多く、二輪用には配線やコネクターがゴツすぎますが、車体に合わせて長さも調節し、コネクターも一部小さなものに変更。
消費電流は1.5A程度ということなので、ヘッドライトの配線から電源分岐させました。
(うちのトリシティはLEDライトに交換していますので、電流値の差分で賄えます。

AC6F2065-9E5A-4987-AC56-C1A6F5CC9317.jpeg

スイッチが汎用の物で特に防水というわけでも無く、取り付け場所は悩みましたが、シート裏に取り付け。雨も水没しない限り大丈夫なはずです。

889E564C-4315-45FC-AF72-EB95BE30123F.jpeg

作業完了。見た目は全くわかりませんし、座った感じもヒーター部の違和感はありません。

ゆるい電熱座布団の様な感覚。
腰から下の冷えには効果期待できそうです。
試走でも快適でした。

R100RS フロントフォークオイルシール交換 [モーターサイクル]

地元の広島高潤さんからフォークオイルが発売となり、交換が気になっていたのでR100を作業。

1.jpg

ドレンボルトがありますし、フォークの上もスプリング外さずオイル注入できる構造です。
うちのはブレーキキャリパー変更に伴い、フォークのボトムが前後ひっくり返っているのでドレンが変な位置になっていますが、普通はそのまま作業できます。

と、試走も良い具合だったのですが、帰宅後フォークシールからオイルが盛大に吹いてました。

R100RSモノレバーはフォークオイルの容量が310-320CCなのですが、完全に抜けきらないまま規定量入れたのでオーバーになっていたのかもしれません。

と言うことで、海外通販でオイルシールを注文し郵送してもらって1週間ほどで到着。
ネットで三つ叉から抜かずに交換する方法が見つかったので、自分で作業です。
ロアブラケットが恐ろしく高精度で、簡単には抜けません。以前こじって抜いてブラケットにクラック入れてしまいました。

2.jpg
前輪外すと前が浮くバランススタンドはこういう作業で便利です。
ハンドル分離、前輪とブレーキキャリパー分離したら、ボトムケースのボルト各1本でこうなります。
思ったほど摩耗はしていません。インナーチューブだけハードコーティングしても他にもいろいろ付いています。
分解ついでにボトムケースの中も清掃。

3.jpg
シールリムーバーがあると便利という事で、近所のアストロプロダクツさんに行くと現物があり入手。
確かに作業は楽です。
今回はBMW純正ではなく、イタリア製の互換品。

4.jpg
打ち込みはソケットレンチのコマで均等に面一まで入れます。リップにシリコングリスを念のため塗布し、傷つけないよう再組み立て。
フォークオイルを規定量入れ、完成。

試走でも問題ありませんでした。
90年式でおそらく一度もフォークシール交換はしていないと思いますので、すでにシールとしての機能は失われていました。

オイルは注入量より液面で見た方がよさそうですね。

トリシティ125 シート加工 [モーターサイクル]

ヤマハのトリシティ、日々業務で走り回っています。
以前、純正シートがやや座面低いのが気になり、ヤマハの純正オプションのハイシートを使っていましたが、座面がやや前下がりなのが(私が後ろ気味に座るのもありますが)気になっていました。
普段は市街地での短時間走行なので大きな問題ではありませんが、長時間では気になります。

対策いろいろ考えていたのですが、プロのお店にオーダーするのも何なので、純正シートのスポンジとフレームの間に、20ミリの硬質スポンジを入れ、少し後ろが下がり気味になるようにし張り直しました。

1.jpg

タッカーのそこそこ力あるやつがあれば大した作業ではありません。
見た目はほとんど変わりませんが、純正シートの低さも解消し、座面の水平も問題ありません。

あっさり加工した割に良い具合になりました。
こうやって手を入れて使っているので、なかなか155に乗り換える機会がないままです。

コメント(2) 

くまモンキー サブコン交換 [モーターサイクル]

武川の88ccSステージ仕様で乗っているくまモンキー、武川からサブコンピューターの新型(FIコン2)が出たので交換致しました。(パーツは随分前に揃っていたのですが作業時間が取れずやっと作業)

現在は、武川のハイパーSステージの88CC キットは最初からこのFIコン2でノーマルエアクリーナー仕様が標準の様です。

1.jpg

元のFIコンと配線が少し変わります。元の配線を取り除き、コンピューターからの配線を2カ所分岐させます。ここにワンタッチコネクターを使用するようにセットに入っていますが気になるのであれば圧着端子で処理した方が安心かもしれません。
ハーネスは必要最小限の長さの部分もありますので、配線カバーを一部切り取って合わせます。

元のボアアップキットには吸気効率の良い乾式エアクリーナーが付属していましたが、私は雨天時が気になり、ノーマルのエアクリーナーを使っています。ただ吸気抵抗減らすのに少し追加加工をしているので、古いサブコンでもノーマルエアクリーナーに指定マフラーでのセットでは少し混合気が薄めになっていました。
そのため今回は大容量のインジェクターに交換しています。

オイルクーラーのパイプが少し邪魔になりますが、インジェクターのホルダーを外し交換。

配線を確認し、バッテリーつないで、説明書に従いサブコンのキャリブレーション(スロットルセンサーとベースのマップ設定)を行います。
よほど間違った設定をしない限り、ここはあっさり再始動できます。

やはり以前の仕様で吐出量の不足があったのか、高回転でも良い感じに回ります。

さらにFIコン2への変更で、9500回転程度で効いていた回転リミッターが11500回転位まで回せます。
キャブ車のノーマルでも普通に引っ張れる程度の回転ですが、FIコンで不自然な頭打ちになっていたのが違和感が消えます。
今まで3速の登坂で引っ張って4速に入れるとトルクが一気に落ち難儀していたのが、高回転時にやや薄めになっていたのが解消しトルクフルになると共に3速の守備範囲が広がるため、4速仕様でとことこ走れる様になります。
(5速組めばいいんですが、オリジナルのミッションの耐久性は捨てがたい、4速の牧歌的な走りも捨てがたい)

試走でもトルク増えたのか良い感じです。夏場の熱だれ対策にも良いですし、燃費少し落ちるとは思いますが、その辺は今後の走行調整で折り合い見つけます。

現在はこのFIコン2がキットの標準になっていますし、ノーマルエアクリーナー・純正マフラーでバランス取れるマップ設定もありますので、これが一番手軽かもしれません。
雨降ったらかぶるとか、ツーリング楽しく無いのです。
コメント(0) 

R100RS バックステップ装着 [モーターサイクル]

リトモ・セレーノさんから発売され、以前から気になっていたR100用のバックステップ(プロパーステップ)を思い切って購入し装着しました。

1.jpg
純正ステップより約10センチ後ろ2センチ高くなるくらいの位置です。
バックステップとなるのに加え、純正で左右ステップの前後位置が違っていた(シリンダーヘッドの関係)問題も解決します。

良い精度で加工されており、取り付けに問題は何もありません。
3.jpg
左(チェンジペダル側)はステッププレートを介して装着します。
バッテリーのブリーザーパイプのホルダーを固定しているネジ穴を使いますが、私のはLi-Feバッテリーに交換しているのでホルダーは外します。
こちら側は変な位置のネジも無く、スムーズに作業は進みます。

2.jpg
右(ブレーキペダル側)はブレーキのロッドをフレームの内側に手を入れて外すのが少し苦労します。
組み込みはフレーム内側のブレーキアームだけですので、ロッドの取り付けは簡単です。
ストップランプスイッチのアジャスターも最初に調整。
右のステップはブレーキアームの軸上にきます。

アルミですので、時々まし締めは必要と思います。一部ロックタイト(中強度)も併用。

4.jpg
宣伝文句通り、左右のステップが揃います。

組み替えて当初、少し後ろのようにも感じましたが、純正で走行中に、ステップへつま先で踏んで乗る位の位置なので、問題はありません。
R100の癖ですが、ステップの後退で後輪荷重も増えますので、旋回は素直になる気がします。

いろいろな気になる部分が大幅に改善し、大変気持ち良く乗れるようになりました。

タンデムステップは干渉しますので、オプションのタンデムステップの位置を下げるプレートは同時購入の方が良いかもしれません。

後日、近場を半日ほど走ってきましたが、不思議な事に大変素直な旋回をするようになりました。
ソロでは後輪への荷重が不足していたり、左右のステップ位置の前後の微妙な違い等が左右旋回の感覚のずれであったのかもしれません。(多少は後輪のセンター位置をオフセットすることで対応できます)
元々今じゃオフ車並みの細い前輪ですし、軽快な操縦性は持っているのですが、より気持ち良く曲がるようになった気が致します。

まだまだ楽しめます。
コメント(0) 

トリシティ Fタイヤ交換 [モーターサイクル]

トリシティの純正タイヤは私の車にはマキシスが使われていました。
国内メーカーのタイヤと比べ少しゴム質に違和感があり(実用上問題はありません、好みの問題)
Rタイヤは以前にIRCから発売された適合サイズのものに交換し好調でしたがFタイヤはありませんでした。

今回IRCからMOBICITY SCT-001が発売され、トリシティ適合という事で交換しました。

image-20170314205345.png
バランス調整の必要があり、単車屋さんに手間かけないよう自宅で先に分解しホイール持って交換に行きます。
バランス調整はこちらでやります。

image-20170314205526.png
適合サイズなので何の問題もありません。

先日サービスマニュアルを入手し判明した事ですが、この前輪はわずかにトーイン付いてます。
(調整はできません、2年以上仕事で乗って何も問題は出ていませんしガタが増えた様子もありませんので、これでいいと思います)
このため、タイヤにほんの少し偏摩耗が見られましたが、これによる不都合はありません。

新品タイヤですのでグリップはまだ本物ではありませんが、元のマキシスがソリッドタイヤでIRCが空気タイヤと思えるくらい路面から細かな衝撃の吸収性は向上します。
交換のメリットは間違いないと思います。

その後
交換直後はグリップが安定していませんでしたが、一通り馴染み軽快に良い感触です。
元のマキシスと比べ明らかに路面からの衝撃吸収は良くなり、非常に快適です。
純正タイヤは1万キロ近く何も問題はありませんでしたが、交換の機会があればIRCの選択は良い様に思います。

コメント(0) 

ホンダのアフリカツイン到着 [モーターサイクル]

昨年から出るぞと言われていたホンダのCRF1000アフリカツイン。
RD07までのVツインでは無くなりましたが、2月にドリーム店で試乗させて頂くと、全ての面で紛れもなくアフリカツインでした。

地元の2輪店で3月入ってすぐにオーダーしていたのですが、発売2週間で初年度生産分を5割以上超えるオーダーが入っていた事もあり、その時点で納期は不明。
さらに4月の熊本の震災により大津町の熊本製作所も大きな被害を受け、生産の再開さえ見通しの立たない状況でした。
完成車も転倒で破損し、ラインも動かない状態でも、手作業での生産が続けられていましたが、8月末にやっとラインが復旧を始め、9月下旬にやっと届きました。

MTかDCT仕様かだいぶ迷いましたが、4輪でDCTの良さ(4輪は湿式クラッチの方がだいぶ良いのですが)を体感しており、新しい方を選択しました。
慣れるまでMTにしておけばと思うこともありましたが、各種のセンサーで車体の状況を読み取り、Dレンジのままでも私の操作イメージとほぼ違和感の無い制御をしてくれます。
シフト時の回転数合わせも電子制御でカバーできており、以前仕事で乗っていたスズキのスカイウェイブ650の電子制御CVTをマニュアルモードで乗るよりも遙かに違和感はありません。

下取りに出したVストローム650も非常にバランスの良い車でしたが、車体はよりコンパクトに感じますし、パワーは圧倒的です。
この手の大きめのオフツアラーはフロント19インチが多いのですが、21インチのメリットはやはり大きく、舗装路でも違和感はありません。

直2になりましたが、これは紛れもなくアフリカツインです。

既に2017年仕様の噂もあり、クルーズコントロールとか可変スクリーンとか、もしかしたらチューブレス対応のスポークホイールとか言われていますが、どんどん発展していきそうです。

1.jpg


コメント(0) 

R100 タイヤ交換 [モーターサイクル]

R100にはミシェランのバイアスタイヤをずっと履かせていたのですが、古く劣化してきたので
目先を変えて今回はダンロップのアローマックスを選択。

もう少し軽量な車に適合するようですが、ミシェランの減りにくさも年間総距離がそれほど伸びないので
あまり恩恵を受けられず、経年変化で硬くなったのを我慢して乗るなら入手の楽なダンロップという
選択もありと思います。

8月初旬に単車屋さんへ前後ホイル外して持って行き(最近新人メカ入ったので、自分でやっておきます)
交換してバランス取ってもらっていたのですが、忙しくなかなか乗れませんでした。

3.jpg
ミシェランから比べると少し溝が多い感じ?
さすがにゴムは柔軟です。

タイヤ慣らし兼ねて半日ほを走ってきましたが、ゴムの柔軟性の違いは歴然。
明らかにグリップ上がってるのが慣らしの段階でもはっきり実感できます。

1.jpg
R100がこんなにひらひら曲がって快適だったのを忘れてました。
負荷かけても安定してます。

2.jpg
県北の山間部はもう秋でした。

タイヤは新しいのが良い様です。当然ですけれど。

コメント(0) 

モンキーで国道北上 [モーターサイクル]

海の日の午後、世間は休日ですが仕事も午後から時間空いたので、モンキーで県北へ。

1.jpg

少し前にインジェクションのセッティング変えて、スプロケットも合わせ、極端に流れの速く無い時であれば国道の登りを車について行くのも問題無くなりました。
一時期5速化を考えていましたが、3速のカバーする速度がそこそこ広がり、オーバートップ風の4速も悪くはありません。

国道54号線を北上し
2.jpg
三次(みよし)で三次の市街地が見える展望台へちょっと上がったりしつつ国道375号線に入り

3.jpg
目的地である三次市作木町の加藤モータースさんに到着。
普段お世話になっているライダーズショップ広島の原点のお店です。
作木とは聞いていましたが、もう少しで県境となり島根の石見エリアです。

今回は、三次でガソリン補給しなかったので、残量が微妙。375沿いにガソリンスタンドがあるとスマホの地図にはありましたが、行ってみると隣の雑貨屋さんで頼むと燃料を入れてもらえるシステム風のスタンド。
新鮮な?ハイオクは期待できそうになかったので、県境越えはあきらめ、三次に戻って補給。
結局三次で3Lしか入らなかったので、もう少し先まで行けたのですが、ガス欠は嫌です。

4.jpg
江の川沿いのカヌー施設。この川沿い、空気が気持ち良く、快走コースです。

5.jpg
帰路の三次市南部の志和地駅

7.jpg
芸備線のディーゼル走ってました。

6.jpg

帰路も快走。
三次から安芸高田、可部から緑井へと高度下げて行くに従いねっとりとした熱さとなります。
モンキーは至って快調でした。(⌒∞⌒)

コメント(0) 
前の10件 | - モーターサイクル ブログトップ