So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

2018 秋の阿蘇飛行会 [模型]

年二回の阿蘇のクラブでの定例飛行合宿に今回も参加させていただきました。

いつもなら、初日の前日夕刻に飛行場に着き、テント泊で参加なのですが、今回は残念ながら業務の都合で途中からの参加となりました。
前日夕刻までの業務を終え、早朝から山陽道中国道九州道東九州道と走り、九重インターから飛行場へ向かいます。
以前は九州道から大分道へ入り日田から阿蘇入りしていましたが、東九州道全線開通でこちらを回った方が鳥栖や博多の渋滞にかからず、距離も短く着けます。

前の週の予報では曇りであったり小雨だったりでしたが、寒くも無く風も強くなく、良い環境で飛ばせました。

1.jpg
メンバーのO田さん設計のF本さんの機体。
後部のトラスがたまりません。模型機らしい(最近こういうの気になります)良い飛びの機体です。

2.jpg
こちらは同型機のO田さんの機体。

3.jpg
S木さんの50ccクラスのスチンソンリライアント OSのシリウスが搭載されています。

4.jpg
独特の翼ですが、良い飛びです。

21.jpg
H内親分の50ccクラスのライサンダー(フェニックスモデル)5月まで斎藤のFG57Tで飛んでいましたが、今回はインド製の70cc星形7気筒エンジンに載せ替えられていました。
7気筒になると、吸気圧の変動もわずかになり負圧ポンプが使えず、電動ポンプによる燃料の送付が推奨の様ですが、これをポンプ無しで扱われています。
親分は実機の整備では神様みたいな方なのであっさり扱っておられますが、簡単には行きそうにありません。
非常に良いサウンドで70ccとはおもえない静粛な排気音でした。

11.jpg
独特の翼ですが、非常に良い飛びです。
S木さんのスチンソンリライアントも今回持って行ったうちの90サイズのリライアントもフェニックスモデル製ですが、非常に良く出来ています。

20.jpg
飛行場の上を新田原から飛んできたと思われる空自のF-2が通過したりします。

16.jpg
お昼は皆で焼き肉です。この開放感はたまりません。

18.jpg
19.jpg
持参したマビックによる空撮。秋の阿蘇。

9.jpg
ハイペリオンで以前出ていた70クラスのピッツパイソンもエンジン搭載で快調に飛びます。

12.jpg
F本さんのFMSのファイヤフライ。翼端チップが動いてエルロン動作する面白い機体。


8.jpg
今回の新作は、このグロー90クラスのスチンソンリライアント。
昨年秋の飛行会でF本さんが作って来られ、その予備機で購入されていたものを譲っていただきました。
斎藤のFG19R3載るんじゃないですかね、と言ってたのが始まり。
Youtube見ると搭載例があって良い具合で飛んでいたり、ケレコのリングマフラーが良い感じだったりでマフラーも取り寄せましたが、シリンダーの後ろの空間がぎゅうぎゅう詰めになるので冷却に問題がありそうで(動画の機体は冷却の排気口かなり大きくあけてました)リングマフラーは却下。
マウントからドライブワッシャまでの長さはそのままで問題無かったのですが、エンジンマウントの改造でけっこう時間がかかりました。
出来てるのを見れば簡単に見えますが、やってみるとそうはいかないのです。

15.jpg
カウルステーの余分な所を削り込み、カウル後端の隙間から冷却気を抜けさせる魂胆(実機は全部下に抜けます)カウルの取り外して毎回ニードル抜くのも面倒なので、2.5の六角ドライバーで回せるようガイドも作って小細工してます。
カウリングからエンジンが全部隠れるという訳にはいかず、1番と3番シリンダーの頭がカウルから出ます。3発とも出てくれればタペット調整も楽ですが、そうもいきません。

今回は、阿蘇へ行く前に地元クラブ飛行場で、入念に慣らしをし初期調整も済ませてきました。
慣らし中はオイルを15:1、さらに焼き付き防止で2サイクル用スーパーゾイル(表面保護用オイル添加剤)もちょっと入れてあります。
慣らしの途中でタペットへのオイルが少し不足気味だったので、クランクケース内とタペットに給油しながら様子見てました。3気筒になるとクランクケースの内圧変化が少ないので単気筒の様にブローバイガスがたくさんは入りません。
(慣らし終了後には普通に潤滑します)

6.jpg
7.jpg
地元で初期調整は済ませ、サイドスラストの修正もしてきました。以前のFG14では馴染むまでかなり難儀しましたが、FG11や今回は大きなトラブルもなく、エンストも無く、2日目には安定して回るようになりました。小さな排気量ですが、音は3気筒らしい良い音で静粛です。
フラップおろすとエレベーターの効きが少し悪くなり、着陸で少しコツが必要ですが、水平飛行もテールをやや上げた姿勢で飛び、変な失速癖もなく良い感じの飛びです。

13.jpg
陸自の演習地もあるので、ヘリも飛びます。

10.jpg
年季の入ったサーマル工房のプレスト280も良く飛びました。

ELEの1セルのプードシェルも風が弱かったのでふわふわ飛び回り、1セルのヘリも良く飛びました。
しばらく投げていたホビキンのコンバット機風モーターグライダーも快調。ミニトップスカイも真っ直ぐ上がるようになり、ついでに持って行ったブラスターが着陸でテールブームがなぜが折れましたが、そろそろ引退だったので、一応全機無事帰還。

17.jpg
今回も内牧温泉 「阿蘇乃湯」さんにお世話になり、最高の朝食をいただきました。

最終日、急用が入ったので、朝30分ほど飛ばし、東九州道経由で無事帰還です。
今回間に合わなかった機体やら、作業中断してる機体やら、またごそごそします。

関係者の皆様、今回も大変お世話になりました。

コメント(0) 

Eフライト コンバージェンスミニ [模型]

Eフライトさんのコンバージェンスミニが発売され、国内でもエアクラフトさんで入手出来るようになりました。
直後に購入していましたが、暑さと時間が取れずやっと手を付け、クラブ飛行場で初の屋外調整。

送信機はスペクトラムのDX-eを使います。
スマホが無いと使いにくい送信機ですが正規に国内認証取ってるのはDX-6や5以外ではこれだけです。
トリムメモリー無しが不便ですがEフライトの小さな機体は、リンケージロッドで調整した方が良い場合も多く、慣れれば問題ありません。

大きい方のコンバージェンスも飛ばしていましたが、ジャイロの干渉が大きすぎたり、水平飛行への移行で変なハンチングが出たりと出番減っていました。

室内でホバリングの様子見をしての屋外テスト。
吹き返し無い分ホバリングは落ち着いて居ます。風にもそこそこ耐えます。

水平飛行への以降もなにも問題無くスムーズ。ホバリングのパワーのまま移行させると走りすぎますので沈まない程度にパワーのまま抜きます。

安定モードでの水平飛行では例によって舵が思いっきり抑えられますので大きな旋回しかできません。
慣れますが最初は要注意です。
高機動モードではジャイロの干渉減りますが、トリムのずれをジャイロが抑えないので、普通に水平飛行出来るようロッドで調整します。


これが落ち着けば後は自由に飛びます。
ホバリングモードへの以降も穏やかですしソフトの進化もありますが良く飛ぶ可愛い奴です。

トリシティ125 シート再加工 [モーターサイクル]

冬にシートヒーターを仕込み、この夏の酷暑も武川のメッシュシートカバーで(純正は納期が9月だった)しのいでいましたが、シートヒーターのヒーター部分が乗車中気になるようになり、手直しを行いました。

トリシティのシートは、足つきを優先するためか座面が少し前下がりに感じ(操縦者の体格によりますが)少し違和感がありました。
このため今まではシートのウレタンスポンジの下側に少し前上がりになる感じでスポンジのスペーサーをかませていましたが、シートベースが複雑な形状で少し不具合がありました。

このため、今回は下側のスペーサーを外し、ヒーター部分の上に座面用スポンジを接着した後にヤスリで整形しました。

1.jpg

前下がり防止とヒーター部分の違和感の解消が目的です。

2.jpg

今まではスプリング式のハンドタッカーを使って作業していましたが、知人からアマゾンでエアタッカーの激安品があることを教えてもらい導入。プロ用途なら耐久性に問題があるかもしれませんが、サンメカの使用なら問題はありません。少し強力なハンドタッカー程度の価格。
打ち込み力は6キロ以下の圧力でも十分パワフルです。
構造上セーフティーロックが無いのが心配と言えば心配。

早く使えば良かったという位パスパス打ち込めます。

トリシティが来てから3年以上が経過。現行モデルは少し大きくなりブルーコアの4バルブエンジンになり125も155も性能上がっていますが、この機体も未だ快調です。
春に12000キロくらいでFフォークオイルを他で使って好感触だった広島高潤さんのものと交換。それなりに汚れていたものがリフレッシュでき、良い感じです。

前2輪でリンクが多用されていますが、がたつきを実感することはありません。車重がそれなりなので信号ダッシュ命の通勤用途には向かないかもしれませんが、125として十分な動力性能はあります。
低速時のふらつきの無さ、操縦性の違和感の無さ、旋回時の前輪の圧倒的な安定した挙動、覚えるとやめられません。
足下の狭さを指摘されますが、アップライトなポジションのスクーターですので、靴サイズ28の私でも足下が狭いと感じる事はあまりありません。前に足を投げ出すタイプとは少し違います。

155が気にはなりますが、毎日快調です。

KLX125 実走テストの散歩 [モーターサイクル]

6月半ばにほぼ改装を終えたKLX125ですが、買い物で乗るばかりで、やっと山に行けました。

ショックユニットをタイ製オーリンズのシンプルなもの(KLX140用は諦めました)に交換し、スプロケを前13後49に変更。チェーンガイドもやっと装着。
フロントスプリングはスペーサーを使わない長いタイプのDRCの物に交換しました。

走ってみると舗装路でも後脚の動きが素直になったのが体感でき気持ち良いです。
もともとフレーム剛性がそこそこあるのですが、前後の脚が良く動くようになりガレた路面でも良い動きをします。
スーパーメタボな乗り手なので登りは125ではきついのですがノーマルタイヤで素直に走ります。

943FE06B-27C3-4C0A-8DA6-390998729400.jpeg

おっさんが楽しく散歩できる125というコンセプトにかなり近づいた感じです。
軽さは(車体の)大きいですね。

1FFD848C-041B-45D3-A31F-4878F45F5968.jpeg

レギュラー仕様なので田舎のガソリンスタンドでも給油問題無いですし、ステップ後退により本来のバランスになったようでそれなりに遊べます。

舗装路メインの距離走るツーリングには前だけでもスプロケを14tにした方が良いですが、山では良い具合です。
フロント21インチ リア18インチなら125でももっと走りますが、この気軽さとタフさは楽しいです。

KLX125 ステップ少し加工 [モーターサイクル]

KLX125のステップ位置が前気味という事で、改造例をネットで見ていて手持ちのKLXも加工してみました。

少し前にハンドル高さを変え良い感じになっていましたが、その分スタンディングでのステップ位置に違和感が余計感じられました。

もともとDRCのアルミ製のステップホルダーを使っていましたので、左側はサイドスタンドの干渉部分をサンダーで落とします。
0650766E-F297-43FC-9734-207D3B3FDDEE.jpeg

シフトレバーはKSR110用を流用しましたが、気持ち前気味ではあります。
うちのはリコールでサイドスタンドのプレートに補強板が追加されていますが、今回除去いたしました。

右側はプレートがそのまま付きますが、ブレーキペダルは社外品もなく、純正を加工します。
ステップ位置が下がることでペダルも下げねばなりません。
アームの途中を切断し短くねじ止めというものも作成しましたが、まだ長すぎるため、新品パーツを加工しました。
248A4BA4-C190-488D-A075-CC1F6E4B5C2D.jpeg

ブレーキ側はいい感じです。ペダルのストロークは小さくなりますが、アームが短くなったので力が入れやすく操作感は悪くありません。

地道に進歩する125です。

トリシティ125 シートヒーター追加 [モーターサイクル]

スズキのアドレス125を仕事で使っている友人からシートヒーターの効果を教えてもらいました。
小型車での採用はあまり聞いたことが無く、スズキの物を部品で取り寄せて加工しようかと思っていたところ、二輪用の汎用シートヒーターをネットショップで見つけ入手。
時間が空いたので取り付け作業を行いました。

0570AC44-2114-4DB0-897F-5D15827C8CC5.jpeg

シートは以前座面の傾斜修正で手を入れていますので、表皮の剥離は問題ありません。
ヒーターはウレタンと表皮の間に入れます。

自動車用シートヒーターのパーツの流用が多く、二輪用には配線やコネクターがゴツすぎますが、車体に合わせて長さも調節し、コネクターも一部小さなものに変更。
消費電流は1.5A程度ということなので、ヘッドライトの配線から電源分岐させました。
(うちのトリシティはLEDライトに交換していますので、電流値の差分で賄えます。

AC6F2065-9E5A-4987-AC56-C1A6F5CC9317.jpeg

スイッチが汎用の物で特に防水というわけでも無く、取り付け場所は悩みましたが、シート裏に取り付け。雨も水没しない限り大丈夫なはずです。

889E564C-4315-45FC-AF72-EB95BE30123F.jpeg

作業完了。見た目は全くわかりませんし、座った感じもヒーター部の違和感はありません。

ゆるい電熱座布団の様な感覚。
腰から下の冷えには効果期待できそうです。
試走でも快適でした。

2017秋季阿蘇飛行会 [模型]

恒例の熊本県阿蘇での定例飛行会、この10月は飛行会の予定を1週間間違えてスケジュール調整してしまい、なんとか1日だけ時間取っての参加でした。
しかも、大型台風の進路を見ながら前日の九州入りでは古賀SAで吹き飛ばされそうな突風もあり、今回は急な雨や強風に対応した機体のみを積んでの参加です。

週末に岡山で西日本ジャイロクラブで開催されたヒロボーカップ中国地区大会に参加された大牟田の知人と古賀SAで偶然出会うおまけもついています。

この何回かは前日に飛行場入りしテント泊というのがお決まりだったのですが、雨は上がりそうなものの風は夜半に強風ということで、大分県某所にて前泊。前日の地元での仕事スケジュールが押していて出発遅くなったのもあります。

宿を出て飛行場に着いたのは8時過ぎ。お世話になっている長崎のFさんが仕事の調整がつかず来られていなかったのが残念です。
風は少し収まっていますが、時折久住方面から北風につられて雨雲が襲ってきます。
充電しながら待機していると、少し雨も収まったようで出発前日に受信機を双葉に載せ替えたトップスカイミニ(900ミリのDLG機)を調整がてら投げて見ると、送信機を双葉の14SGにした効果か、肩が痛くて力んでなかったのか、JRのXG6であれほど巻き込んでいたのが嘘のように素直に上がります。
舵の入りは明らかに14の方が良い感じ。台風余波の斜面吹き上げ拾いつつそこそこ遊べこれは大成功。
フライトコンディション3つ(ランチ・サーマル・エアブレーキ付きクルーズ)しか取れないXG6より設定は楽です。スピードモードは使うこと無いのでXG6でも十分ではあります。

クラブの小屋で暖をとったりしているあいだに天候は回復し、長崎からの方々も到着されました。
1.jpg

今回は
12.jpg
このリトルフット 一機でなんでも遊ぼうと思うと最近はこいつがお供です。遊覧飛行も失速系もぐりぐり系もできます。

5.jpg
ホビキンのブッシュミュール 発泡多用途双発機なのに推力が余裕。この形状でスタント性能もそこそこあり、強風のクロスウインドで普通に着陸ごっこが楽しめます。

4.jpg
双葉の2.4Gで設定やり直しモーター(CDーROM)の巻き線もやり直したサーマル工房のプレスト280
長いアンテナを垂らして飛んでいた40メガ時代とは飛びが変わりました。
元の素性が良いのを再確認。

2.jpg
強風用にOKのジョロキア 今回 リフトオフXXS(のK&S版の主翼と尾翼を後からたたき売りのシャーレ版で組み直し)も仕上げたのですが、もしかしてサーマルもという場合はジョロキアが良いです。

等を持ってきたのであります。グライダーでJRの送信機使ってきましたが、一部双葉に移行。グライダーでの設定で、サーマルやランチのコンディションでフラップ調整をT2(エンコントリム)にコンディション毎に割り当てる事を覚え、少し進歩。
送信機サイドのレバーに割り当ててもいいのですが、他の機体飛ばした時に動くのでこちらが好きです。

一時期お蔵入りしていたオリンパスのドットサイト付き望遠コンデジも持参し、AFがすごく遅いのにも慣れ、何枚か普通に撮影。
7.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

8.jpg
グレートプレーンのではなく、かつてヒロボーが販売していたS木さんのカタリナ

早朝から小さなハンドランチが好調だったり
6.jpg
強風にもかかわらず、発泡のSTOL機のブッシュミュールが快調だったりで台風の吹き返しによる乱気流(丘陵地なので、風向きによってはあちこちで変な気流が発生します)にもかかわらず、楽しめたのであります。

3.jpg
こういうのもあります。

本来なら夕暮れまで飛ばし、内牧温泉の宿に泊まるのですが、今回は無し(大きな声では言えませんが前の週に温泉だけ立ち寄り湯で入ってきました)。

14.jpg

帰路は、日田から大分道>鳥栖JCT>九州道 のいつものコースではなく、飛行場からやまなみハイウェイを走り湯布院に出て 大分道>東九州道。九州自動車道にて帰りました。
このルート、対面通行区間が多いのではありますが、鳥栖や筑紫野から小倉までの渋滞も無く、30分短縮できます。

と、慌ただしい日程でしたが秋の阿蘇遠征も無事終了しました。

お世話になった方々、今回も大変お世話になりました。ありがとうございました。
発泡のお手軽飛行機も、たまに大当たりがありますが、バルサの飛行機が良いですね。

EフライトのX-Vertも持って行きましたが、強風のため今回は出番無し。
地元クラブ飛行場でのテストは非常に優秀でした。
コメント(1) 

R100RS フロントフォークオイルシール交換 [モーターサイクル]

地元の広島高潤さんからフォークオイルが発売となり、交換が気になっていたのでR100を作業。

1.jpg

ドレンボルトがありますし、フォークの上もスプリング外さずオイル注入できる構造です。
うちのはブレーキキャリパー変更に伴い、フォークのボトムが前後ひっくり返っているのでドレンが変な位置になっていますが、普通はそのまま作業できます。

と、試走も良い具合だったのですが、帰宅後フォークシールからオイルが盛大に吹いてました。

R100RSモノレバーはフォークオイルの容量が310-320CCなのですが、完全に抜けきらないまま規定量入れたのでオーバーになっていたのかもしれません。

と言うことで、海外通販でオイルシールを注文し郵送してもらって1週間ほどで到着。
ネットで三つ叉から抜かずに交換する方法が見つかったので、自分で作業です。
ロアブラケットが恐ろしく高精度で、簡単には抜けません。以前こじって抜いてブラケットにクラック入れてしまいました。

2.jpg
前輪外すと前が浮くバランススタンドはこういう作業で便利です。
ハンドル分離、前輪とブレーキキャリパー分離したら、ボトムケースのボルト各1本でこうなります。
思ったほど摩耗はしていません。インナーチューブだけハードコーティングしても他にもいろいろ付いています。
分解ついでにボトムケースの中も清掃。

3.jpg
シールリムーバーがあると便利という事で、近所のアストロプロダクツさんに行くと現物があり入手。
確かに作業は楽です。
今回はBMW純正ではなく、イタリア製の互換品。

4.jpg
打ち込みはソケットレンチのコマで均等に面一まで入れます。リップにシリコングリスを念のため塗布し、傷つけないよう再組み立て。
フォークオイルを規定量入れ、完成。

試走でも問題ありませんでした。
90年式でおそらく一度もフォークシール交換はしていないと思いますので、すでにシールとしての機能は失われていました。

オイルは注入量より液面で見た方がよさそうですね。

トリシティ125 シート加工 [モーターサイクル]

ヤマハのトリシティ、日々業務で走り回っています。
以前、純正シートがやや座面低いのが気になり、ヤマハの純正オプションのハイシートを使っていましたが、座面がやや前下がりなのが(私が後ろ気味に座るのもありますが)気になっていました。
普段は市街地での短時間走行なので大きな問題ではありませんが、長時間では気になります。

対策いろいろ考えていたのですが、プロのお店にオーダーするのも何なので、純正シートのスポンジとフレームの間に、20ミリの硬質スポンジを入れ、少し後ろが下がり気味になるようにし張り直しました。

1.jpg

タッカーのそこそこ力あるやつがあれば大した作業ではありません。
見た目はほとんど変わりませんが、純正シートの低さも解消し、座面の水平も問題ありません。

あっさり加工した割に良い具合になりました。
こうやって手を入れて使っているので、なかなか155に乗り換える機会がないままです。

コメント(2) 

くまモンキー サブコン交換 [モーターサイクル]

武川の88ccSステージ仕様で乗っているくまモンキー、武川からサブコンピューターの新型(FIコン2)が出たので交換致しました。(パーツは随分前に揃っていたのですが作業時間が取れずやっと作業)

現在は、武川のハイパーSステージの88CC キットは最初からこのFIコン2でノーマルエアクリーナー仕様が標準の様です。

1.jpg

元のFIコンと配線が少し変わります。元の配線を取り除き、コンピューターからの配線を2カ所分岐させます。ここにワンタッチコネクターを使用するようにセットに入っていますが気になるのであれば圧着端子で処理した方が安心かもしれません。
ハーネスは必要最小限の長さの部分もありますので、配線カバーを一部切り取って合わせます。

元のボアアップキットには吸気効率の良い乾式エアクリーナーが付属していましたが、私は雨天時が気になり、ノーマルのエアクリーナーを使っています。ただ吸気抵抗減らすのに少し追加加工をしているので、古いサブコンでもノーマルエアクリーナーに指定マフラーでのセットでは少し混合気が薄めになっていました。
そのため今回は大容量のインジェクターに交換しています。

オイルクーラーのパイプが少し邪魔になりますが、インジェクターのホルダーを外し交換。

配線を確認し、バッテリーつないで、説明書に従いサブコンのキャリブレーション(スロットルセンサーとベースのマップ設定)を行います。
よほど間違った設定をしない限り、ここはあっさり再始動できます。

やはり以前の仕様で吐出量の不足があったのか、高回転でも良い感じに回ります。

さらにFIコン2への変更で、9500回転程度で効いていた回転リミッターが11500回転位まで回せます。
キャブ車のノーマルでも普通に引っ張れる程度の回転ですが、FIコンで不自然な頭打ちになっていたのが違和感が消えます。
今まで3速の登坂で引っ張って4速に入れるとトルクが一気に落ち難儀していたのが、高回転時にやや薄めになっていたのが解消しトルクフルになると共に3速の守備範囲が広がるため、4速仕様でとことこ走れる様になります。
(5速組めばいいんですが、オリジナルのミッションの耐久性は捨てがたい、4速の牧歌的な走りも捨てがたい)

試走でもトルク増えたのか良い感じです。夏場の熱だれ対策にも良いですし、燃費少し落ちるとは思いますが、その辺は今後の走行調整で折り合い見つけます。

現在はこのFIコン2がキットの標準になっていますし、ノーマルエアクリーナー・純正マフラーでバランス取れるマップ設定もありますので、これが一番手軽かもしれません。
雨降ったらかぶるとか、ツーリング楽しく無いのです。
コメント(0) 
前の10件 | -