So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ミニマッキM7 モーター載せ替え [模型]

秋のイベントも終わり、後回しになっていた機体をぽちぽち手入れしてます。

久留庵便さんに作っていただいたミニマッキM7、モーターのスラストやら主翼のセットやらでなかなか言うことを聞いてくれないのですが、その後のジーナの船で好結果だったハイペリオンのZ1705モーターに載せ替えました。
1.jpg
非常に小さなモーターですが、この径で6030ペラを2セルで楽々回します。ジーナの船ではオーバーパワーなほどなのでマッキでも問題無いと思います。

元々Z2205モーターが載ってましたので、重量が軽くなった事で喫水も余裕が出るでしょうし、重心も気持ち前にでてくれるはずです。

ステップがなんとも低いので水離れがすさまじく悪いのですが、見た目優先でこのままいきます。
モーターのスラストラインも変更したので、今度は気持ちよいフライトができるといいな・・です。
難儀してるのも楽しみです。

発売後すぐに入手していた京商のマッキも細々作業中。

電動水上機は人が減った寒くなってからの湖畔が楽しめます。

コメント(6) 

コメント 6

パゴット

Sisanのマッキ、いいですね。d(^^)

水離れですが、
この機体、画像で見る限り翼弦が短いので
10~15mmぐらい主翼後縁を延長すると
揚力が上がって水離れが楽になりそうな気がします。
もともと、エレベータで引き起こしをかけたときのピッチアングルが少なめっぽいので
(ステップから後の駆け上がり角が少なめ)
少ないピッチアングルでも揚力が増大するような対策が良さそうです。
実物を見ていないので、あくまで推測の話です。(^^ゞ
by パゴット (2009-11-06 13:26) 

しろくま

パゴットさん
推測とありますが・・・ まさにその通りです。
太平洋で運用された日本の水上機と地中海で使われた機体では条件ちがうよねぇと思いつつ、機体のキャラクターだと思ってます。

タキシングで気を抜くと機首が水没、速度上がると自分の波でペラがしぶきをあげ、プレーニングに入るとプロペラボートとしては大成功という速度でまだ粘り・・・・
の状態です。
水から離れて暴れていたのはプッシャー機でオーバーパワー過ぎたせいかと思います。
レーサーのスケールでなければ控えめパワーの方が離着水きれいになるように思ってます。
来週木曜にテスト予定です。

by しろくま (2009-11-06 21:38) 

パゴット

>タキシングで気を抜くと機首が水没、
機首底部のRが水に張り付くのですね。
それに意外に喫水線が高そう。。。(^^;

>速度上がると自分の波でペラがしぶきをあげ、
船が水面に沈もうとする分量に対応して水が上に飛ばされます。
水面に張り付く傾向のある艇底面形状でよく現れます。

上記二件に対しては経験上次の対策が有効かと思います。
ハンプ中などに水しぶきが上がり始めている部分を見極めて
その前後にわたる底面かどに三角材(ビルジキール?を貼り
上に行こうとする水を偏向し、下向きや横向きの水流に変えると
艇が浮きやすくなり、水しぶきも減少することが多いです。

>プレーニングに入るとプロペラボートとしては大成功という速度でまだ粘り・・・・
水平尾翼容積(面積)が不足していると
ステップを支点とした時に、
ステップ前方の張り付き傾向(ピッチダウン傾向)に負けて
機首下げがおこり、機首上げ(離水)が困難になる場合があります。
水平尾翼面積は変えられない場合がほとんどなので
外付けのフロートの場合は、フロートの前後方向の取り位置や
フロート取り付けのピッチアングルで対処するのが手っ取り早いですが
飛行艇の場合はそうも行かないので、
主翼の揚力を増やすのが比較的簡単な対策と思います。
主翼の迎え角を増やすとかフラップを装備するとか、、
なので、前述の主翼後縁延長がどうかなぁ・・・と思った次第です。(^^ゞ

>水から離れて暴れていたのは
パワーをかけると機首下げのモーメントが発生してる感じでしょうか。。
空力的中心に対して、推力の中心が高い位置なので
もっとアップスラスト(後ろから見てダウンスラスト)が必要です。
とりあえず、モーターのクロスマウント上側に
ワッシャー2枚追加!でどうでしょう。(^^)・・・って
>モーターのスラストラインも変更したので、
もう対策済みのようですね。(^^ゞ
そうそう、
機首下げモーメントを減らせるはずなので
ハンプ時の機首下げ水没もそれで軽減できると思います。(^^)

老婆心カキコ、失礼しました。
by パゴット (2009-11-07 17:07) 

しろくま

パゴットさん
いろいろありがとうございます。
モーターの重量がだいぶ軽くなったので、喫水の問題も改善し、重心位置もより無難な位置になっていると思います。

実は、本日紅葉見物をかねて家族で湖に行ったのですが、空梅雨に夕立無しの春夏秋を過ぎ、湖はすっかり干上がっておりました。

貼り付いて離水できない機体ではないので、なんとかなりそうです。

テスト場所変えてやってみますね。
ありがとうございます。
by しろくま (2009-11-07 21:21) 

TSUYOSHI@LATTLESNAKE

何だかこの機体のモーターマウント見ると、かつてOKさんから発売されていた「FM10」を思い出してしまいました。一見して金属フレームに見えたのとプッシャーなのも共通項かも知れませんねd(^^)。
それにしても「マッキ」と言えばイタリア機ですが、パッと見ると思わず国籍マークがイギリス機なのに気付いて思わず「萌え」な私、実は岡部いさく氏ばりの「蛇の目フェチ」だったりします、はいf^_^;。
by TSUYOSHI@LATTLESNAKE (2009-11-10 01:25) 

しろくま

TSUYOSHIさん
FM10が発売になった頃は地元ではほとんど出回らず、滅多に見ることはありませんでした。
QBキットがどんどん無くなっていって、EZシリーズも停滞してた頃ですね。
QBの25クラスのスケール機を楽しみにしてた頃が懐かしいです。
斉藤のFA-30やらサーパスになる前のOSのFS-40やら、今とは比較にならないくらい非力でしたが、良い音で飛んでいたのが思い出されます。

by しろくま (2009-11-11 21:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント